日本大学文理学部 物理学科

本学科の高橋博樹教授が高圧力国際会議で業績賞を受賞しました。

平成30年9月30日から10月3日まで、シンガポールの南洋理工大学(Nanyang Technological University)で開催された第9回アジア高圧力国際会議(ACHPR-9)において、本学部物理学科の高橋博樹教授がAchievement Award(業績賞)を受賞いたしました。これは2008年に発表した鉄系超伝導体LaFeAsO1-xFxの圧力効果に関する業績に続く一連の研究が、高圧下でTcがどこまで上昇するかという超伝導新物質の開拓において極めて重要な開発指針を与えたことが評価されたものです。

アジア高圧力国際会議には、高圧力科学に関係した物質・材料科学、地球科学などの様々な分野の研究者が、アジアのみならず、ヨーロッパ、アメリカなど世界中から毎回100人~200人程度参加しています。本賞は今回から初めて創設された賞であり、このような国際的な賞を受賞できたことは大変名誉なこととなります。

PAGE TOP