研究室の概要

 本研究室では、主に遷移金属酸化物や蛍光体における、電子励起状態の緩和過程について、基礎的および応用的研究を行います。具体的には、電気炉等を用いた試料の作成とその評価から始め、これら試料を対象に、100フェムト秒(10の-13乗秒)またはナノ秒(10の-9乗秒)程度の短パルスレーザーを用いて、物質を光励起し、その後の超高速応答を光学的に測定します。さらに発光・吸収スペクトルなどの分光データも併せて測定し、それらから励起状態やその緩和過程に隠れている未知の情報を見出すこと、それを応用に生かすことを目的に、研究に取り組んでゆきます。

※ 当研究室に興味のある学生は上岡までご連絡下さい。随時相談に応じます。

お知らせ

2018年10月02日 概要や発表、行事などについて更新しました。
2018年07月24日 発表や行事について更新しました。
2018年03月29日 研究室の構成員の更新と、発表や行事内容の追加を行ないました。
2017年11月30日 発表や行事について更新しました。
2017年04月05日 研究室の構成員や発表等を更新しました。
2016年03月01日 ホームページを改訂および更新しました。
2015年11月25日 行事の頁を更新。
2015年08月07日 発表の頁を更新。
2015年04月09日 研究室の構成員を更新。
2014年12月01日 本HPを開設しました。
2014年04月01日 研究室の運営を開始しました。