日本大学文理学部 物理学科

水野研究室

研究内容

プラズマとは原子から電子が離され、ほぼ同数の原子核と電子が自由に飛び回っている電離した気体であり、固体、液体、気体に続く「物質の第4の状態」と呼ばれており、宇宙の99%以上がプラズマ状態であると考えられている。蛍光灯やネオンサイン、稲妻、オーロラ、太陽風などはいずれもプラズマ状態にある。このようにプラズマ物理学は天体から将来のエネルギー源として期待されている核融合発電や工業の分野まで広く用 いられる。この研究室ではプラズマの基礎的性質と応用について理論的な研究を行う。

卒業研究ではまずプラズマ物理学の基礎的なテキストを勉強する。更に、現在では物理学の理論研究に計算機は不可欠であるので計算機による数値計算の手法も合わせて習得する。後半になると各自の興味に従って個 別テーマを選び、それについて文献を調べたり理論計算や数値計算を行い、最後に研究報告書を提出する。以下に最近のテーマをいくつか紹介する。

  • 電磁場中の荷電粒子の運動
  • DT炉におけるエネルギー収支と熱的不安定性
  • 宇宙線の加速機構
  • 太陽中の核融合と太陽高エネルギー活動
  • 雷発生のメカニズム

スタッフ

教授:水野 伸夫
専門分野:プラズマ物理学,核融合
研究内容:ミラー型プラズマ閉じ込め装置における高速イオンの理論的研究。

PAGE TOP